最短最速の勉強法

1.無駄を省いた最短最速の勉強方法!

一級建築士学科試験対策のための勉強は、長期にわたって時間をかけてする必要があります。
大手の資格学校に通う場合は、資格学校がカリキュラムを提案してくれますが、
独学でチャレンジされる方は、自らどんな方法で勉強するのか選択が必要です。

ネット上に様々な勉強方法に関する情報が溢れる時代、
溢れる情報の中から、自分に合った勉強方法を選択するには、
選択の基準が明確である方がよいと言われています。

ここでみなさんに質問です。

勉強は何のためにされますか?

一級建築士に相応しい知識を身につけるため、という方もおられれば、
一級建築士学科試験に合格するため、
あるいはその両方という方もおられるかもしれません。

ここで皆さんにもう一つ質問です。

上記のうち、どちらかしか手に入らないとしたら、どちらを選びますか?

恐らく全ての皆さんが学科試験に合格と答えるのではないでしょうか。

これは、優先順位を明確にするための質問です。
選択の基準を明確にするためには、
手に入れたいものの優先順位を明確にする必要があります。

このプロジェクトでは、
学科試験に合格するという結果を最優先事項とし、
そのための最短最速の勉強方法を採用しています。

大手の資格学校では学科試験対策として初めに講義(ビデオ含む)を実施しますが、
これは、一級建築士の学科試験に合格するためには必ずしも必要ではありません。

見方を変えると、それをする事で確実に時間を削られ、
人によってはモチベーションも削られてしまうため逆効果の場合もあります。

また、独学で勉強をする場合に、テキストから勉強を始める方がおられますが、
これも合格するという結果を最優先事項とした場合、効果的な勉強方法とは言えません。

テキストを隅から隅まで覚えたとしても、すべての範囲から出題される訳ではないからです。

出題の傾向を把握し、出題率の高い所を重点的に勉強し、確実に覚える事こそが、
合格へのの勉強方法なのです。

出題の傾向を把握するために最適な方法は、過去問を見ることです。
一級建築士の学科試験は、過去問(類似含む)からの出題率が
約70%との分析結果(建築資料研究社調べによる)があります。

なぜ70%
過去問から出題されているのでしょうか?

それは、一級建築士の学科試験が、
一級建築士として知っておくべき最低限の知識を求められている試験だからです。
最高の知識ではなく、最低限の知識を問われているというのがポイントです。

一級建築士として知っておくべき最低限の知識である以上、
試験問題は単年度で大きく変わり得るものではないのです。

よって、過去問をマスターする事こそが、合格への最短の勉強方法であると言えます。

また、各教科(計画、構造、法規、環境・設備、施工)をバランス良く進めていく
資格学校方式の勉強スケジュールは、今やっている事を完全に覚える前に次の異なる知識を上書きする必要があり、
覚えることが必要な一級建築士の勉強方法には適していません。

心理学者であるエビングハウスは、の実験によれば、人は1日後には半分以上を、1週間後には75%以上を忘れてしまうという結果(エビングハウスの忘却曲線)が報告されています。

人は元来、忘れていく生き物であり、それを踏まえた勉強方法が必要ということなのです。

具体的には、短期間で何度も同じ教科を復習する勉強方法が最も効果的であり、
それがの勉強方法なのです。

一級建築士受験革命プロジェクトでは、
多忙な社会人生活を送りながら受験するみなさんのため、数々の合格実績に基づいた、
無駄を省いた最の勉強方法を提供します。

PAGE TOP